下肢静脈瘤

  

                          下肢静脈瘤について

   弾性ストッキング
   当院では、下肢静脈瘤に対する硬化療法を行っています。下肢
  静脈瘤とは、下肢の静脈弁の機能不全により静脈が拡張し血液が
  滞ることでおきる疾患です。主に弾性ストッキングの着用による
  圧迫法、細い注射針で患部静脈に硬化剤を注入し2日くらい圧迫
  して固定する硬化療法の2つを用いています。これらを行うこと
  により血液の貯留がなくなって静脈瘤が消失します。手術のよう
  な負担がなく入院せずに外来で静脈瘤が治療できます。
   下肢静脈瘤の主な症状としては、足のむくみ、だるさ、色素沈
  着、腓返り、膝下の湿疹、痒みや網目状の血管の出現があります
  。このような症状の自覚のある方やお悩みのある方は一度当院ま
  でご相談下さい。

                                     


                硬化療法の治療前後の写真


術 前術 後
術 前術 後


トップへ戻る